Hacking is believing

我々の身体は、個性豊かな細胞たちが分化や増殖、相互作用することで臓器を形成・維持され、健やかな生命活動が営まれています。これらの仕組みを理解し制御するためには、1細胞ごとの機能を計測したり、制御したりする必要があります。

私の研究テーマは、1細胞が個性を発揮しつつ、複雑な細胞集団として機能する仕組みを解き明かす実験技術や情報処理技術を開発することです。特に、DNAシーケンス、ゲノム編集、マイクロ流体装置、機械学習、バイオインフォマティクス、クラウド技術などを駆使して研究を行っています。

私は日本唯一の自然科学の総合研究所である理化学研究所で、ゲノム科学とバイオインフォマティクスの研究チームを率いて、研究活動を行っています。我々は、身体を構成する細胞集団から1細胞ごとにその機能を明らかにするための技術開発を実施しています。1細胞ごとの機能を計測するため、1細胞ごとの遺伝子発現量を計測するQuartz-Seq2やRamDA-seqという方法を開発しました。これらの巨大なデータから様々な生命機能情報を取り出す機械学習技術にも取り組んでいます。また、複雑で大規模な科学計算環境を自動的に、かつ、再現良く構築できるクラウドコンピューティング技術の開発や提供も行っています。さらに、IT/IoTを駆使した研究チームの生産性向上についても取り組んでいます。

産業界に向けた、ゲノム科学・バイオインフォマティクス全般、研究チームの生産性向上などの技術コンサルテーションを受け付けています。これまで外資系大手製薬会社や試薬会社、装置会社、バイオベンチャーなど、十数社と共同研究や技術指導を行ってきました。大学・研究所等のアカデミアからのご相談、執筆依頼やインタビューについては、研究室のウェブサイト(理化学研究所 生命機能科学研究センター バイオインフォマティクス研究開発ユニット)をご覧ください。